愛知学泉大学
愛知学泉短期大学
愛知産業大学
あすを夢みるアイサン通教 愛知産業大学・短期大学通信教育部
人間環境大学
岡崎女子大学
岡崎女子短期大学
研究者一覧へ

愛知学泉大学 家政学部 管理栄養学科
岡田 瑞恵

大学愛知学泉大学
氏名岡田 瑞恵
フリガナオカダ ミズエ
生年
所属愛知学泉大学 家政学部 管理栄養学科
経歴椙山女学園大学大学院修士課程修了(食品化学)

博士(医学)、愛知県立大学客員共同研究員
専門健康科学、食品成分の機能性
研究テーマポリフェノール成分の健康への寄与および機能性

外因性内分泌攪乱化学物質であるビスフェノールの生体への影響等
論文・著者・作品2015~

Effects of methanolic extracts of edible plants on RAGE in high-glucose-induced human endothelial cells. Biomed Mater Eng. 2015;25(3):257-66.

アミロイドβタンパク修飾による細胞死抑制−コマツナ種子由来成分からのアプローチ−.基礎老化研究, 39(3); 43-48, 2015

Potential Properties of Plant Sprout Extracts on Amyloid β. Biochem Res Int. 2016;2016:9347468.

In vitro screening on amyloid beta modulation of aqueous extracts from plant seeds. J Pharm Bioallied Sci. Apr-Jun 2016;8(2):141-5.

終末糖化産物(AGEs)とAGEs受容体(RAGE).愛知県立大学看護学部紀要, Vol.22, 9-16, 2016.

info:doi/10.15088/00002892

ドコサヘキサエン酸(DHA),エイコサペンタエン酸(EPA)による乳がんリスク低減の可能性. 愛知県立大学看護学部紀要Vol.23, 21-29, 2017. info:doi/10.15088/00003425

Quercetin, caffeic acid and resveratrol regulate circadian clock genes and aging-related genes in young and old human lung fibroblast cells. Mol Biol Rep. 2020 Feb;47(2):1021-32.

内分泌撹乱化学物質の現在--Bisphenol A, S, F およびdi(2-ethylhexyl)phthalate について.愛知県立大学看護学部紀要Vol.26, 9-16, 2020. info:doi/10.15088/00004370
所属学会日本家政学会・日本栄養食糧学会・日本衛生学会
支援可能テーマ食と健康について
地域へのメッセージ(地域活性化についての一言)
社会貢献食と健康に関して、貢献できればと思います。
大学連絡先代表 0564-34-1212
Emailmokada@gakusen.ac.jp

岡崎大学懇話会 事務局(愛知学泉大学・愛知学泉短期大学 内)
〒444-8520 愛知県岡崎市舳越町上川成28
電話 0564-34-1212
©2022 Okazaki Daigaku Konwakai allrights reserved